光学・精密測定機器ガイド2017
23/73

22位置・座標長さ3次元座標測定機 株式会社 ニコン可搬型三次元計測システムMCAx+ +レーザースキャナ本システムは7軸多関節構造のアームにて大きな測定空間と可搬性に優れた三次元測定機です。測定範囲は2.0~4.5mまで測定物にあわせて6つのタイプがあり従来の据え置き型CMMでは制約がある測定物も場所を選ばず計測が可能となります。また従来のアーム型測定機と比べ高い精度と誰でも簡単に操作することが可能となっております。弊社スキャナはデジタルスキャナーとしてESP(Enhanced Scanner Performance)機能を有し物体表面の特性に合わせてレーザ強度を自動で調整することが可能となります。このESP機能によりこれまでレーザスキャナーではデータ取得が困難であった様々な素材をパウダーレスかつユーザ側での設定調整なしにロバスト性の高い計測が可能です。 株式会社 ニコン高精度非接触センサー3D計測システム  HN-C3030高精度非接触センサー3D計測システムHN-3030は、ギヤ等の複雑な3D表面形状を持つ部品を高速・高精度に測ることのできる測定機です。専用に開発されたレーザースキャナーにより高精度な点群データを高密度で取得できることで、微小な形状誤差や磨耗、変形、凹凸などを、従来のCMMによる点や線単位での評価のみならず、面全体で評価することを可能としています。最大被検物は30kgで重量級被検物にも対応しています。被検物最大サイズ:φ300x(H)300㎜* 有効測定範囲(XxYxZ):310x320x400㎜精度保証被検物最大質量:30kg(冶具重量を含む)レーザースキャナー作動距離:98.6㎜(測定範囲中心)ライン長:20㎜高さ検出範囲:±10㎜ライン方向分解能:20㎛*シャフト付ギヤに対しては被検物保持冶具中心に直径61㎜、深さ187㎜のシャフト収納空間があります。CNC三次元測定機 ALTERA/LKシリーズLK/ALTERAシリーズはセラミックベースのマルチセンサ対応の三次元測定機です。各種接触式センサとレーザースキャナを組み合わせた測定が可能です。レーザースキャナは用途にあわせてLC15Dx(高精度)、LC60Dx(汎用)、XC65Dx(広範囲)から選択できます。LC15Dxはタービンブレード測定、XC65Dxは車体計測で多くの実績があります。LKシリーズは豊富なラインナップをそろえています。・門型標準タイプ測定範囲 800×700×600~5000×2500×2000㎜・門型高精度タイプ測定範囲 800×700×600~2000×1200×1000㎜・大型レールタイプ測定範囲 3000×2000×1200~10000×4000×3000㎜・大型ガントリータイプ測定範囲 2000×4000×3000~10000×7000×4000㎜・水平アームタイプ測定範囲 4000×400×2000~10000×1600×3000㎜ALTERAシリーズは精度が向上した新設計の三次元測定機の新しい門型標準タイプです。測定範囲 700×500×500~2000×1000×800㎜ 株式会社 ニコン自動車産業向けインライン検査ステムQuality Gateマルチカメラシステムで、わずか10〜30秒の間に寸法検査と存否確認を実現します。全数検査データが示す工程能力を元にした製造プロセスの最適化や、不良品流出ゼロによる自工程完結など、ダウンタイムの削減とスマートファクトリーの構築に貢献します。●適合パーツ:クロスカービーム、サブフレーム、アクスル等●検査対象:寸法(内径・位置、点座標、平面、距離、角度、エッジ曲線等)      存否確認(穴、スタッド、ナット等)●性能:測定時間/10~30秒    繰返し/約±0.02㎜    CMMとの相関/約±0.1㎜ 株式会社 ミツトヨ

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る