光学・精密測定機器ガイド2019
33/77

32長さ平面・立体形状断面形状測定機MarSurf LD 表面粗さ・輪郭形状 統合測定機ナノメートル単位の高精度測定を可能にした、MarSurf LD■革新的なプローブシステム・チップ内蔵プローブの採用により、校正作業が不要。・マグネット式による簡単で確実なプローブアーム交換・最大260mmの測定長■一回の測定で粗さと輪郭を同時に測定、解析■測定圧はソフトウェアにより調整が可能 / 0.5mN ~ 30mNトレース長:0.1mm – 130mmポジショニングスピード:0.02 mm/s – 200mm/s測定スピード:0.02mm/s – 10mm/s測定不確かさ±(0.2+L/1000)μm距離測定の表示偏差 EA(MPEEA) ±(1.0+L/150)μm マール・ジャパン 株式会社フォームタリサーフ®PGI NOVUSまったく新しい、CMMのような形状粗さ測定機これまでの形状粗さ測定機からアプリケーション(用途)が広がる、新しいタイプの形状粗さ測定機です。日本の表面粗さの基準機として使われる高精度さをそのままに、全く新しい測定・解析ソフトウェア「メトロロジー4.0」を搭載しています。このソフトウェアはインダストリー4.0の時代の流れに対応し、CADデータの読み込みによる図面と測定データのアライメントや、部品の測定データに応じて挙動を変更する「変数」プログラミング機構などを備えています。更にハードウェアとしてデュアル・バイアス(上下両方向の測定が可能)機構等を備え、直径の測定が可能になりました。またオプションのステージを装備すれば三次元座標系での校正が可能になります。これにより測定機座標系・ワーク座標系を持つことができ、CMMのような測定が可能になります。CMMのような柔軟さと、サブミクロンの形状・粗さを捉える高精度測定機、それがPGI NOVUSです。 アメテック株式会社 テーラーホブソン事業部フォームタリサーフ®シリーズ多彩なラインナップで幅広い価格帯と業界のお客様に対応する、形状粗さ測定機のグローバル・スタンダードシリーズ形状粗さ測定機を1941年に開発したパイオニアメーカーのテーラーホブソンが送る、形状・粗さ測定機のシリーズです。・‌フォームタリサーフ®PGI Novus…多彩なオプションであらゆる測定ニーズに答えるテーラーホブソンのフラッグシップ形状粗さ測定機です。CMMのような操作が可能です。・‌フォームタリサーフ®i-シリーズ…差動トランス方式の検出器により費用を抑えかつ環境変化に強い温度補正機構を搭載した普及版・現場向きの測定機です。・‌フォームタリサーフ®PGI オプティクス…。試し加工レンズからツールズレ量を計算したり、測定した部品から非球面係数を逆算するなど光学産業向けの専用ソフトウェアを搭載し光学関係部品に特化した測定が可能です。・‌フォームタリサーフ®PGI マトリックス/フリーフォーム…Y軸と回転軸を備え、多数個部品の一括段取り測定や、3次元の独自校正法を搭載し近年車載センサなどで多様される自由曲面形状の光学部品の測定が可能です。 アメテック株式会社 テーラーホブソン事業部

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る