光学・精密測定機器ガイド2017
44/73

43ツールスコープ工作機械等の刃物のプリセットや各装置の位置決め等を正確迅速に行うための顕微鏡で、組合せにより倍率10〜400倍にて観察が出来、鏡筒角度も各種揃えてあるので、使用目的に合うものを任意に選択できます。また、装着用のサポーターも各種取り揃えてあります。鏡筒の種類 C型鏡筒(傾斜角45°)TS-C L型鏡筒(傾斜角90°)TS-L I型鏡筒(直筒)TS-I V型鏡筒(傾斜角45°、TS-V      内蔵落射照明式)工作投影器NC・MC⼯作機械の刃物のプリセットや半導体加⼯機器における位置決め・⼨法測定等を正確迅速に⾏うための機器組込⽤のユニット型投影器です。⼩型・⻑作動距離で操作性・汎⽤性にすぐれ、⾼輝度光源の採⽤にて鮮明な像が観察されます・万能投影器に⽐べ位置決め・観察を⽬的とした汎⽤性が⾼く、また作動距離が⻑い投影器です。・スクリーンに正対したときリレーレンズの光軸が垂直になる製品と直⾓になる製品、照明装置を内蔵した製品と内蔵していない製品があります。・スクリーンはφ100㎜有効で⼗字線付です。・別売りのサポータ(TPN-S)、架台(TPN-G)があります。対物倍率1倍2倍3倍5倍10倍20倍対物鏡の長さ21㎜21㎜21㎜21㎜29.5㎜35.5㎜作動距離165㎜73㎜34㎜13㎜6.5㎜1.5㎜接眼WF10倍実視野径φ18φ9φ6φ3..6φ1.8φ0.9総合倍率10倍20倍30倍50倍100倍200倍接眼WF20倍実視野径φ12φ6φ4φ2.4φ1.2φ0.5総合倍率20倍40倍60倍100倍200倍400倍作業用機器芯出し顕微鏡・望遠鏡

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る