光学・精密測定機器ガイド2017
49/73

48Dimensional X線CT ZEISS METROTOMMETROTOMは従来の測定技術では困難な構造の製品でも、簡単かつスピーディーな非破壊測定を可能にする産業用Dimensional X線CTのパイオニアです。METROTOMは、ZEISSが開発した「ものづくり」の現場での高い利用価値を秘めた新世代の測定ツールです。従来測定できなかった被測定物内部の形状も測定でき、また、被測定物全体の形状を取得するためのCADデータとの比較や被測定物同士の比較も容易に行えるため、新しい測定・評価方法の可能性を秘めています。METROTOM 800 130kVMETROTOM 800 225kVMETROTOM 1500 225kV最大管電圧130kV225kV225kV測定範囲φ190mm, h 130mmφ170mm, h 150mmφ350mm, h 300mmデテクタ195mm x 243mm200mm x 200mm400mm x 400mm装置寸法(本体)2190mm x 1310mm x 1960mm3330mm x 1900mm x 2600mm4150mm x x1950mm x 2650mm カールツァイス 株式会社高速X線CTソリューション ZEISS VoluMaxVoluMax は過酷な製造現場における製造工程で、プラスチックおよび軽金属部品の全数検査を可能にしますこのインライン用のX線CT装置が自動でOK・NG判定を行うことで、不良品が除外されます。また、取得したデータから、製造ラインの経時変化の把握や、統計解析を行うことができます。VoluMax 400VoluMax 800VoluMax 1500最大ワークサイズø 260mm, h 325mmø 300mm, h 390mmø 600mm, h 625mmX線管タイプ(選択方式)39W, 130kV39W, 130kV1600W, 225kV1800W, 225kV1600W, 225kV1800W, 225kV最大ワーク重量5kg5kg50kg対象ワーク樹脂樹脂/軽金属樹脂/軽金属 カールツァイス 株式会社インライン全数検査システム Carl Zeiss Automated InspectionCarl Zeiss Automated Inspectionは、ZEISSの光学技術を使用した製造ライン向けのインライン全数検査システムです。ロボットの先端に取り付けたZEISS製光学式センサや固定カメラを組み合わせ、車体や自動車部品などの様々な箇所を検査します。そして、ZEISSの光学式インライン測定技術によりお客様の製造ラインにおいて、信頼性の高い工程管理を実現することができます。高速カメラ ZEISS AIMax高密度3D点群カメラ ZEISS AIMax cloudカメラの種類デジタルカメラ(GigE-Camera)デジタルカメラ(GigE-Camera)測定速度(センサ)0.1~0.5秒0.5~1.5秒解像度1280 x 1024 pixel2048 x 2048 pixel撮像視野85 x 68 mm80 x 80 x 40mm作動距離72 mm165 mm光源の種類近赤外線LED(NIR-LED 880 nm)赤/青/緑LED(切り替え可能)対応ロボットメーカーファナック, 安川電機、KUKA, ABB, その他(必要に応じて開発) カールツァイス 株式会社測定データ管理システム ZEISS PiWebZEISS PiWebは品質データ管理のための拡張性の高いITソリューションです。Industry 4.0で生みだされる情報の流れを整理し、製品と生産性の品質を向上させることができます。測定データ管理システムPiWebは、会社内に分散している様々な品質管理データを一括管理し、リアルタイムでデータ検索・レポート出力・統計解析を行うことができるシステムです。PiWebを使用すれば、ZEISS製測定機だけでなく、他社製の測定機、手動の測定機器に至るまでのあらゆるデータを蓄積し、リアルタイムで監視することができます。これにより、日本国内のグループ会社だけでなく、世界中のグループ会社の品質管理情報をリアルタイムで把握し、製造現場に製品情報のフィードバックをかけることが可能になります。ZEISS PiWeb sbsは、測定室および小規模企業での品質データ管理のために設計されています。ZEISS PiWeb enterpriseは、大企業向けにフォーカスされており、複数拠点やグローバルデータの収集に適しています。 カールツァイス 株式会社その他

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る